据付

2006年3月4日(2月20日、25日、28日)

書き始めたらきりがない据付けだ。
最初の予定は2月20日。天気予報は朝のうち雨のち曇りから晴れ。
雨が止むのを待って決行となった。 朝早くから近くの待機場所にはたくさんのトラックが並んでいた。 夫は会社から水も吸い取ることの出来る掃除機を持ってきて雨がいったん止んで据付けの出来そうな 天気になると基礎の上に溜まった水を吸い取ったり、掃きだしたり、雑巾がけをしていた。 しかし少し止んだかと思うとまた降り始める。 それを2、3回くりかえした。
結局、雨は止まずお昼には中止決定。 取り掛かりが遅くなるため終わるのは夕方遅くになるだろうと 作業の方々のためにおでんを煮はじめていた。 これから3日ほどわが家はおでんが続いた。

2回目の予定日、2月25日。天気予報、曇りのち雨。
前日の夜に中止が決定したが当日朝は抜ける様な晴れ。 雨が降り出したのは午後6時を回っていた。 この日が一番落ち込んだ。 私は最後まで決行して欲しいと願っていたのに中止になり、結局は雨が降らなかったから。

3回目の予定日、2月28日。 天気予報、雨。
この日は文句無く雨だったので延期にも納得。

4回目の予定日、3月4日(土) 天気予報、晴れ。
やっとの据付けだ。 基礎の上も前日からのお天気でカラカラに乾いている。
暖かい日差しの射すとてもいい日だ。 さすがに3回も延期になると気分も投げやりになっていたが それも吹き飛ばすような据付け日和だった。



足場

前日(2月19日)夕方

足場が組まれた。
ヒョイヒョイと渡り歩きながら鉄骨を組まれる様は まるで忍者のよう。 
私も上ってみたかったけど怖くて断念。




足場、全景。


足場



待機場に待つトラック

2月20日

第一回据付け予定日。
近くの待機場所にはたくさんのトラックがまだ薄暗い中 並んでいた。 
残念ながらこの日は雨が止まずに中止。
かなり凹んだ。




待機場所のトラック・2


前日から吊り下げていたてるてる坊主。 



空とぶユニット1

3月4日

4度目の据付け予定日、やっと晴れ。
それも申し分ない据付け日和。
一つ目のユニットが空を飛んだ。
 ホッとした瞬間。




ユニット2


ユニット2



ユニット3


ユニット4、玄関部分。



ユニット5、洗面所勝手口。


ユニット6



ユニット6


断熱材



北側がつながった


ユニット10



トラックに乗っているユニット12


1階が終わった時点で玄関庇の取り付け



2階はベランダから取り付け始められた


ユニット13、長女の部屋



ユニット14、次女の部屋


ユニット15、長男の部屋



2階の様子


丁寧にワイヤーを取り付けてる



据付けを眺める長男


ユニット19、主寝室



ユニット19、最後のユニット。


据付け終了

部材が片付けられた後、次の日の朝日の中のわが家。
光の向きや強さによってタイルの色が変化するのを実感した。


3月5日